メリット

いままで有効活用できなかった土地が活用可能!
電力供給で社会・地域に貢献!
電力買取制度により安定収益を確保!
政府の自然エネルギーの推進事業として資金面でも有利!
優遇融資制度を適用可能!
法人税・相続税の税制特典!

くわしくはメガソーラーをオススメする理由にてご紹介していますが、上記がメガソーラーの主なメリットです。メガソーラーはアパートやマンションのように用途地域の制約がないので、道路条件や利便性の悪い土地、市街化調整区域でも有効活用が可能。電力買取制度により安定収益が確保できることから、多くの企業様から注目を集めています。また、優遇融資制度や税制優遇などがあることも見逃せないメリットです。

ページトップ

デメリット

発電量が安定しない
発電コストがほかの発電システムより高い

デメリットとされているのは主にこの2つでしょう。しかし、これらは本当のことなのでしょうか? くわしく見てみると、そこには誤解が潜んでいることが分かります。

「発電量が安定しない」に潜む誤解

メガソーラーは太陽光発電システムですから発電するためには太陽光が必要で、夜間や曇り・雨の日などの発電量は期待できません。その意味においては、確かに「発電量は安定しない」のです。

しかし、大きく言ってしまえばメガソーラーにおいて、発電量が安定している必要はありません。一定期間で見込んだ発電量を確保できればいいのです

当社では現地調査において年間平均日射量から発電量を予測するとともに、建設費・メンテナンス費などのイニシャルコスト・ランニングコストを算出し、利回りを計算しています。利益が十分に出ることを見越してご提案していますので、どうぞご安心ください。

「発電コストがほかの発電システムより高い」に潜む誤解

確かに、太陽光発電にかかる発電コストはほかの発電システムより高い傾向にあります。土地活用で用いられることもある風力発電の発電コストと比べてみましょう。100万kWを発電するためにかかるコストは風力発電が920万円~2,200万円であるのに対し、太陽光発電の場合は3,010万円~4,580万円です。

しかし、重要なのは発電コストではなく、利回りです。いくら発電コストが低かったとしても、利回りまで低ければ有効な土地有効活用とは言えません。年間の利回りで見るとメガソーラーが11%超で、風力発電は事業利回りで1~2%程度。風力発電の利回りよりも、メガソーラーの利回りのほうが高いことが分かります。

ページトップ

まずはご相談ください

メガソーラーによる土地活用方法にご興味を持たれた方は、どうぞお気軽にご相談ください。利回りやキャッシュフロー、システムの概要などをくわしくお話しさせていただきます。もちろん、資料のご送付も可能です。

土地有効活用に関してのお問い合わせ・資料請求・ご相談はこちらから

お問い合わせ・資料請求・ご相談はこちらから

ページトップ